top of page
  • 執筆者の写真meimei ww3

はんこの歴史  (奈良〜平安時代中期)

2つの金印…


それぞれ日本が誇る印鑑です、 

でもちょっとまってください、 

たしかに金印は、素晴らしい印鑑です。

でもそれが作られたのは、

それぞれ 57年、239年と歴史的にも大きく現代とは、変わります。

では、その後、金印の後の印鑑は、どのようになっていくのでしょう。


701年、大宝律令、710年、平城京


歴史で習う言葉です。  

そう、この頃になると、日本はいわゆる律令時代に入ります。

律令という大きな決まりにしたがって、国を動かしていくのです。


ここでも日本の暦のおおきな変化が見られます



これは天皇御璽というのですが、

天皇が、自分の意思を示すため、押したというものです。


世の中も変わり、はんこも変わります。


次の時代には

日本のはんこを語るのなら、絶対かかせない、お楽しみはんこについて、お楽しみください。

閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

臨時休業のお知らせ

いつもご利用くださいましてありがとうございます。 令和6年3月16日(土)は都合により休業いたします。 ご迷惑をおかけしますがどうぞよろしくお願いいたします。

留言


bottom of page